【アラフォー独女の転職日記】その10〜面接1社目〜

みなさん、こんにちは。
転職活動がうまくいかないpegogoです。

転職活動を初めて1ヶ月程経ちますが、なかなか書類が通過しません(泣)

前回の記事はこちら

ベンチャー企業ですが、2社面接まで辿り着くことができました。

かれこれ10数年ぶりの面接!

しかも、ハングアウト🖥での面接になります。

ハングアウトは仕事でよく使っているので、操作は問題ないですが、ちょっと緊張するなぁ😖

面接までに、会社研究をしていたのですが、もうね、なんか嫌になってきた。

その会社の採用の頁に出てくる人の学歴と経歴がもう、ハンパないっすね。

東大・京大卒揃いは当たり前?みたいな感じ。

使い走りしか経験したことのない私が行けるところではないっす( ´ ▽ ` )

あー、凹むよぉ。

やだやだやだやだー!

と言っているうちに、面接の日になりました🌤

今回の面接は、面接官は2名。
しかも、1名ごとにハングアウトです。

面接時間ジャストにハングアウトに入室して待機・・。

3分経過・・・⏰

えっと、こにゃい。

来ないよ、誰も。

日時間違えたかなぁ、と焦ってメールを見返していると、面接官入室!

ええっとぉー。

なんかぁ、お〇く?みたいな面接官が画面に映っています🖥

時間守れよ、おい!

さっそく面接が開始されたのですが、なんだかなぁって感じ。

全く目を合わせようとしません。

そもそも、人の目見て喋れない奴ってどうなの?

シャイなの?

ベンチャー企業ならハングアウトくらい慣れてるだろ?

カメラを完全に避けながら、質問を繰り出して来ます。

もごもご言って何言ってるかわかんねーし。

なんか、面白くなってきて、相手をガン見しながら質問に超テキトーに応えるぺご。

完全に落ちるな、これ。
てか、あんまりこの人、私に興味なさそうだし(^_^;)

30分くらい経って、1回目の面接は終わり。
続いて、2人目もあるから、ちょっと待っててと言われます。

次は、ちゃんとした人が来てくれるといいなぁ、と淡い期待を持ちながら10分くらい画面の前で待っていると、2人目登場!

おお!
この人はまともだな!

格好いいし、すごくフレンドリーだし、私の経歴にすごく興味をもってくれている様子。

色々と本音も吐き出しながらの面接は、40分くらい繰り広げられました。

感想

私の学歴と経歴では、この会社は絶対に無理だという事はわかっていましたが、良い勉強になりました。

奇跡が起こって、天地がひっくり返って、太陽が西から上る様なことがあったとして、私が入社できたとしても、まぁ無理でしょうね。

こうして1社目を終えたぺご。

本当に転職したいのか?

年収が20~30%は落ちるのはわかっているのに、それでいいのか?と問いかけてみました。

悩みますよね。

迷っている内に、選考結果がきました。

 

お見送り~!

 

だよね。

てかさ、なんで面接なんかしたの?

私なんて駄目なのわかってんじゃん。

恥かいただけ。
あー、恥ずかし!

先方のお見送り理由

転職の主要因が既存の業務に対するご不満が多く感じられました。
ご自身の成長に対するビジョンが明確に感じとることができませんでした。
また、論理的な説明が苦手でいらっしゃるようにも感じました。

いいところついてますなー!

全くもって、仰る通りだと思います。

こうやって客観的に自分を評価してくれると、次の面接に活かせますね。

そして、気を付けようと思ったのは、面接官に聞かれても、今の会社の不満は言わない、ということです。

あとは企業研究ですね。

流石に、面接する前にちゃんとその会社の事を把握しておかないといけないんですが、あまりやってなかったですね😅

色々反省すべき点が解って良かったです。

結局はその会社のカラーに合うか合わないかなので、あまり深く考えずに、次に行くことにします^ ^

今日はここまで。

 

ばいちゃ!